障害年金の年金額

お金障害年金の障害基礎年金の年金額は、何級なのかによって異なります。1級と2級では年間の支給額に違いがあり、1級のほうが高額です。具体的には、1級は974,215円、2級は779,300円に設定されており、200,000円程度の違いがあることがわかります。これに加えて子の加算という仕組みも設けられています。1人目は年間で224,300円、2人目も1人目と同額で、3人目以降で扱いが変わります。3人目以降は1人増すごとに年間で74,800円に設定されています。なお、加算の条件を満たすのは18歳を迎える日以後の最初の3月31日の子と、20歳を下回る年齢で障害等級1級か2級の障害の状態にあてはまる子です。

次に障害厚生年金の受給額ですが、1~3級で異なります。1級の場合の計算式は報酬比例の年金額に1.25をかけた金額に配偶者加給年金額と障害基礎年金額を足した金額です。2級は報酬比例の年金額と配偶者加給年金額、障害基礎年金額の合計、3級は報酬比例の年金額が支給額となります。なお、加算の条件をクリアする配偶者は、65歳を下回る年齢でなければいけません。

障害年金は年額で1,500,000円を超える事例も出ています。ただし、受給するには障害年金申請を行なわなければいけません。このサイトでは、障害年金申請は自分で済ませることが可能なものなのかどうかや、誰かを頼るとして相談先としてどこがあるのか、またどういう基準で選べば良いのかを解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

【関連リンク】障害年金基礎情報 /  白石社会保険労務士事務所