相談先の選び方

社会保険労務士事務所のように専門家に相談・依頼することによって、障害年金の申請手続きはスムーズに進むでしょう。自力で申請する場合と比較することやるべきことは少なく、本人や家族が引き受けなければいけない負担は大幅に軽減されます。ただ、どこに相談したとしても、納得や満足のできる結果が出るとは限りません。障害年金申請の豊富な実績があるなど、障害年金申請を得意としているところに相談・依頼することが大切です。

相談また、専門家に依頼することには、費用の面のハードルがあります。高額な費用がかかると思い相談・依頼をはじめから諦めてしまっている人もいますが、今はかなり敷居が低くなっているのです。これは一例ですが、相談無料のところや、着手金なし、成功報酬のみの支払いで良いところも珍しくありません。なお、成功報酬というのは受給が決定してはじめて発生する費用ですので、申請が失敗に終われば支払う必要がないものです。

専門家のサポートでスムーズな申請が可能となり、お金の心配もないということであれば、相談してみようという気持ちにもなれるのではないでしょうか。障害年金は自分は受給の要件を満たしていないと思い込んでいる方も覆いのですが、実際には満たしていることも珍しくないため、少しでも気になるようであれば無料相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

自力で申請は可能?

障害年金の申請は、自分で行なうことが可能です。しかし、収集しなければいけない書類は多く、医療機関をはじめ必要書類の取得のためにさまざまな場所へ足を運ばなければいけません。どのような書類が必要で、どこに行けば入手可能なのか、どのように書けばいいのかなど、自分で申請する場合は全て把握していなければいけません。完璧に申請のために必要なことは全部できるという人以外は、かかる労力のことを考えると専門家に相談したほうが良いといわざるを得ないでしょう。

男性また、自分で申請をしようという場合、不調を抱えながら手続きを進めていくことにもなるでしょう。はじめはなんとか順調に話しを進めていけたものの、とうとう限界がきてしまって、そのまま申請を諦めざるを得なくなってしまったという方も多くいます。最後までやりきる自信がない、すでに諦めかけてしまっているという方も、専門家の力を借りることをおすすめします。

そのほか、自分で申請するところまではいけたものの、その結果、受給することができないという通知が届いたという方もいるでしょう。その場合にはもう一度審査請求や再審査請求を行なうことも可能ですので、決定をくつがえすためにプロに相談したほうが良いといえるでしょう。

障害年金の年金額

お金障害年金の障害基礎年金の年金額は、何級なのかによって異なります。1級と2級では年間の支給額に違いがあり、1級のほうが高額です。具体的には、1級は974,215円、2級は779,300円に設定されており、200,000円程度の違いがあることがわかります。これに加えて子の加算という仕組みも設けられています。1人目は年間で224,300円、2人目も1人目と同額で、3人目以降で扱いが変わります。3人目以降は1人増すごとに年間で74,800円に設定されています。なお、加算の条件を満たすのは18歳を迎える日以後の最初の3月31日の子と、20歳を下回る年齢で障害等級1級か2級の障害の状態にあてはまる子です。

次に障害厚生年金の受給額ですが、1~3級で異なります。1級の場合の計算式は報酬比例の年金額に1.25をかけた金額に配偶者加給年金額と障害基礎年金額を足した金額です。2級は報酬比例の年金額と配偶者加給年金額、障害基礎年金額の合計、3級は報酬比例の年金額が支給額となります。なお、加算の条件をクリアする配偶者は、65歳を下回る年齢でなければいけません。

障害年金は年額で1,500,000円を超える事例も出ています。ただし、受給するには障害年金申請を行なわなければいけません。このサイトでは、障害年金申請は自分で済ませることが可能なものなのかどうかや、誰かを頼るとして相談先としてどこがあるのか、またどういう基準で選べば良いのかを解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

【関連リンク】障害年金基礎情報 /  白石社会保険労務士事務所